塩咲市

概要

太平洋側の本州沿岸にある塩咲島に位置する市である。

地理

弧を描くような形で東西に広がった地形をしている。南は本州にある岬と橋で繋がっていて、それ以外は海に面している。塩咲島の周囲には大小様々な大きさの有人・無人島が点在する。中央部には漣見丘陵が走り(最高峰漣見山340m)、全面積の半分近くを山地が占める。市内を流れる川も漣見丘陵の山々から流れ出している。

 

・山:漣見山、潮見山

気候

島は太平洋側気候に属し、年間降水量は2877.4mmである。

歴史

Coming soon...

沿革

6世紀中頃(6??年)
遺跡などから、島に小規模の集落があったと考えられている。
 
延暦23年(804年)
沿岸の漁民が大量移住。この頃から島民が日常で使用する為の製塩が始まる。
 
文明7年(1475年)
塩の需要が拡大し、生産法に揚浜式塩田を採用する。製塩が島の産業となる。
 
寛文12年(1672年)
揚浜式塩田から入浜式塩田に変わり塩の生産量が大幅に増加。
 
明治6年(1873年)
塩咲小学校創立
 
明治13年(1880年)
響波(おとわ)に響波学園が創立。
 
明治21年(1888年)
町制施行。塩咲町となる。
 
明治38年(1905年)
塩が専売となり、製塩方法が法律に基づき流下式塩田に変更される。
 
明治39年(1906年)
島と本州を結ぶ「塩咲大橋」が開通。
 
大正4年(1915年)
塩咲港に海軍の補給基地が設置される。漣見山(さざなみやま)に砲台が設置される。
 
昭和5年(1930年)
塩咲市電が開通。
 
昭和20年(1945年)
塩咲空襲。71世帯が罹災。
 
昭和22年(1947年)
市制施行。塩咲市となる。
 
昭和28年(1953年)
海上自衛隊の施設が東部の息津島(おきつしま)に設置される。
 
昭和39年(1964年)
島と本州を結ぶ鉄道・いそなみ線が開通。
 
昭和47年(1972年)
製塩方法がイオン膜交換方式採用に伴い塩田が廃止。一部は市民運動により観光用として残る。
 
平成6年(1994年)
 塩咲沖地震。市内で震度5弱の揺れを観測。東部の響波町、塩岡町で土砂災害や家屋の倒壊など大きな被害を受ける。
 
平成9年(1997年)
市制50周年。

交通

塩咲市内では塩咲電気軌道株式会社の路面電車(愛称:塩電・しおでん)が運行されている。軌道総延長は37.12kmで、停留所は43ある。また、塩咲電気軌道株式会社が運営する路線バスが天雲・塩咲・響波の各町内をそれぞれ巡回している。

産業

大部分の時代で、塩咲島の主要産業は製塩業であった。しかし外国産塩の輸入増加や塩田の縮小・廃止によってかつての隆盛はなくなった。
現在の主要産業は観光業である。

文化施設

<塩咲町>
塩咲市民会館・ホール、文化教育センター、塩咲製塩会館、しおさき平和祈念館
<響波町>
くじら博物館、響波歴史資料館

体育施設

塩咲市スポーツセンター(塩咲町)、市民野球場(塩岡町)、AMAKUMO庭球(天雲町)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

<名所・旧跡・観光スポット>

煙島塩田、塩岡塩田、塩咲・天雲景観保存地区群、塩の博物館、しおさき平和祈念館、くじら博物館、響波歴史資料館、交人栄商店街、しおさき水族館(2014年オープン)、海鏡神社、豊旗神社、潮善寺、響波灯台、響波古墳
 
<祭事・催物>
天雲ヨットワールドグランプリ、海鏡神社大祭(かがみ祭り)、塩咲軍艦まつり

計画

塩咲市では、官民問わず様々な計画が建てられている。

 

  • 響波町漣見の漣見古墳に歴史資料館と公園を設置

  • 塩岡町に「しおさき水族館(仮称)」をオープン
  • 天雲ヨットハーバーの拡充、ヨットレース世界大会の開催
  • 響波灯台に観光施設を建設、灯台までの鋼索線敷設

教育

市内には公立学校15校、私立学校1校がある。

 

小学校:塩咲中央小学校、白浜小学校、左杜小学校、天雲小学校、潮見小学校、響波小学校、堤本小学校、堤向小学校

 

中学校(公立):塩咲中学校、塩咲第二中学校、天雲町中学校、潮見中学校、塩岡中学校

中学校(私立):響波学園中学校

 

高校(公立):塩咲高等学校、巻雲高等学校、塩岡高等学校

高校(私立):響波学園高等学校

五輪招致

塩咲市は過疎により無人化した島背町振興のために、2020年の夏季オリンピック・パラリンピック招致をめざして活動をしていた。島背に新しい陸上競技場と選手村を建設、既存の競技場や武道館の改修、廃止された塩咲電気軌道の天雲~島背区間の復活などを計画に盛り込み「コンパクトな五輪」をアピールした。しかし島への交通手段が少ないことなどが理由で落選した。

招致で使用された塩咲五輪ロゴ
招致で使用された塩咲五輪ロゴ

©2014 塩咲市/Shiosaki city